掃除で自分を変える

掃除で自分を変える

掃除とは、身の周りの環境を整えていくことです。
部屋が散らかっていると、当然心にも反映されてきます。
逆に部屋がいつも綺麗に整っていれば、心穏やかに過ごすことができます。

掃除は、どんな人にも関係があります。
心を穏やかにするために瞑想をするのも方法の一つですが、新しいことを習慣化することは難しいものです。
掃除であれば、嫌でもやらなければいけないですよね。

お釈迦様の弟子にシュリハンドクという非常に記憶力の悪い人がいたそうです。
彼が、どうやったら悟りを開けるのかお釈迦様に問うと、掃除をする時に「塵を払わん、垢を落とさん」と唱えなさいと教えました。
シュリハンドクは、掃除の度に「塵を払わん、垢を落とさん」と唱え続けていくうちに、汚れていたのは自分の心だということに気が付き、悟りの境地にたどり着くことができた言われています。

掃除するという行為は、完璧に綺麗にしても毎日掃除をしないと埃が溜まり汚くなるものです。
掃いても掃いても埃が溜まるのは、自分の心も一緒なのではないでしょうか。

また、お釈迦様の例え話しに「長者窮子の譬え」という話しがあります。
生活に困窮していた窮子は、諸国を放浪していました。

その時、お金持ちの長者が住むに町に辿り着き、長者に掃除夫として雇われます。
そして、長者は一緒にトイレ掃除を20年間行うのですが、トイレ掃除と言っても、現代のように便器を磨いたりするのではありません。

溜まった便を汲み取るのです。

年老いた長者は臨終を迎える時窮子に「実はお前は私の子なのだ。だから、お前に私の財産を全て譲る」と言ったそうです。
長者は仏様を表し窮子は、私達のことを指しています。
窮子の金銭的な貧しさは、私達の心の貧しさでもあるという話しで、心の貧しい人間がいくら幸せを望んでも実現することは難しいということを説いています。

よく、トイレ掃除をするとお金持ちになれる、成功者は素手でトイレを掃除しているといったことを聞いたことがありませんか。
松下幸之助のトイレ掃除のエピソードは有名ですよね。
やはり、成功する人は人の見本となるべく自ら行動し掃除ができなければいけないのです。

成功するために掃除をするのではなく、自分を成長させたい、自分を変えたいと思っている方に掃除は有効な手段となります。
掃除を習慣化できるようになると、他のことに関してもきちんとできるようになり、気持ちが落ち着いてくることに気が付きます。

【福岡市西区】自宅をコロナ対策のために消毒

福岡消毒プロの柿坂です。
福岡市西区でコロナ対策のために消毒をおこなったお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

----- ここから -----

夫がコロナウイルスに感染した際、自宅をどのように消毒をしたらいいのか分からず困っていました。
肝心の夫は病院に隔離され頼りにならないので、妻の私が判断し行動するしかありません。

福岡市西区に建てたばかりの戸建てに引越してきて1年が経ったばかりでしたので、ご近所の目が非常に気になりナーバスになることも。
ご近所の噂にならないよう、早くなんとかしなくては、と気持ちばかり焦っていたと思います。
兎に角、素人が家中を消毒しましたと言っても納得してもらえない訳ですから、ネットで複数の業者に問い合わせをして見積もりを取らせて頂きました。

福岡消毒プロさんは、費用のことだけでなく消毒作業の範囲についても丁寧に教えてくれましたのが良かったので、契約を決めました。
自宅だけでなく、自家用車や自転車の消毒が必要なこと、使用する消毒液はプロが使用する濃度が高いものであることなど、あらゆる疑問に答えてくれたのはとても良かったですね。

それから、消毒作業が終わった後の予防対策についても細かく教えてもらうことができたので、どういったことをしていけばいいのかがハッキリさせることができたと思います。
例えば、次亜塩素酸ナトリウムを使った消毒液で消毒する場合、金属に使用すると金属が腐蝕するなど知らなかったことを教えてもらいました。

なによりも、消毒作業後の室内がスッキリして気持ちが良かったです。
なんだか、気持ちもスッキリして不安な気持ちから解放され、なんとか日常を取り戻すことができました。
ご近所の方にも我が家がしっかり所独作業を行ったことを伝えることで、安心して頂けたのではないかと安堵しております。

消毒して頂いたからといって、一生安全になる訳ではありませんが、コロナ感染者が出た家に住んでいる者にとって、業者による消毒作業はとても良い方法だと思います。
費用はある程度かかりましたが、コロナに便乗した悪徳業者はとんでもない金額を提示してきましたので、福岡消毒プロさんは良心的ですね。

【福岡市早良区】コロナ対策でマンションの消毒。消毒した箇所の変色も防ぎます。

福岡消毒プロの柿坂です。
福岡市早良区で消毒・除菌をしたマンションオーナー様から声をいただきましたのでご紹介いたします。

----- ここから -----

福岡市早良区のマンションのオーナーですが、入居者からコロナウイルスに感染した方が出た時、福岡消毒プロさんのお世話になりました。
単に消毒をしても今後の対策等も入居者様にお伝えしないと、安心して住んで頂けませんのでその辺のことも相談に乗って頂き有難かったです。

特に、うちのマンションはペット可物件なので、ペットからの感染を懸念する方からの問い合わせが多く、ペットから人への感染は報告されていないと厚生省が発表していると説明しても納得してもらえませんでした。
そういったことに関しても電話で対応して下さった方は、エントランスの脇にあるペット専用の足洗い場にも消毒薬を噴霧し、飼い主にはペット用消毒液を携帯するよう回覧板を出すことを提案して下さるなど、改善に向けて非常に親身でした。

更には、マンション全体の消毒ではなく、感染者が出た部屋とその行動範囲内を消毒する範囲だということも明確にすることで、入居者への不安が払拭できたと思います。

マンションの公共スペースは、ポストに郵便物が入っていると消毒剤を散布することができません。
作業中に配達業者がマンションに入ってくると、折角の作業を中断することになるのでは?等、消毒作業の手順に関する疑問が噴出し、あれこれ質問させて頂きました。
電話で対応して下さった方は、作業手順を詳細に説明して下さったので納得することができました。

作業を行って頂く前に、入居者の方へ事前にどのように告知するかも丁寧にアドバイスして頂けたので、誰一人混乱したり不安に陥ることがありませんでした。

作業で使用する消毒液は、市販のものよりも濃度が高いもので、消毒する部位によって濃度や仕様する消毒液を変えるなどして、消毒した部位の変色を防ぐとのことでした。

また、今後マンション内で感染者が出てもどのように対処したらいいのか分かったので、管理会社も入居者もパニックになることはないでしょう。
入居者が協力的に動いてくれたのは、福岡消毒プロさんの適切な指示があったからだと感謝しています。

【博多区で消毒】スーパーマーケットでコロナ対策

福岡消毒プロの柿坂です。
博多区のスーパーマーケットの方からお客様の声をいただきましたのでご紹介いたします。

----- ここから -----

福岡市博多区にあるスーパーマーケットの従業員からコロナ感染が出た際、福岡消毒プロさんのお世話になりました。コロナ感染者が出た!というだけで、店側の衛生管理がずさんなのでは?といった目で見られてしまい一歩間違えれば、閉店の危機を招いてしまう恐れがありました。

お客様が安心して買い物に来て頂くには、営業自粛期間中に店内を消毒するしかありません。しかし、消毒業者は沢山ありましたが、コロナウィルスに便乗した怪しい業者もありどの業者に頼めばいいのか分かりませんでした。

福岡消毒プロさんに電話をしてみると、非常に感じのいいオペレーターさんが出て、親身に対応して下さったんです。それでも、費用の面で迷っていると「相見見積もりを取ってじっくり検討してみてから決めても大丈夫ですよ」と相見積もりを取ることを提案してくれたんです。

その後、電話やメールで複数社に見積もりを出しましたが、対応の良さや費用面で福岡消毒プロさんが一番だと確信し、改めて消毒を依頼させて頂きました。他の業者さんだと、費用面の話しばかりでどんな消毒液を使うのか?作業はどのくらい時間がかかるのか等の質問には素早く答えてくれませんでした。

今回は、コロナウィルスに対策の消毒だけでなく食品加工を行っているバックヤードのノロウイルス対策の消毒も行うことに。これから気温が高くなり食衛星の面でもしっかり対策しておきたいと考えたからです。

消毒は、お客様が安心して来店して頂くためが一番の目的ですが、現場で働く従業員の安心・安全を守るためでもあります。従業員からは、市販の消毒液をスプレーするだけだと思っていた者をいたようなので、プロの手でしっかりと消毒作業に当たってもらったことを説明すると安堵していました。

店を再開した時も、プロの手で隅々まで消毒したことを告知したので、ナーバスになっているお客様が安心してお買い物に来ることができたのではないかと思います。お陰様で、閉店することなく通常営業できるようになりました。

ホームページを公開しました

ホームページを公開しました。
広告 福岡