稲作文化

稲作文化

浮き稲と呼ばれる稲は、水の深さに応じて10m以上伸びると言われています。
そして、どんな環境にも適用できる強さと味の良さそして、保存の効くことが、麦と並ぶ世界最大の食物に押し上げました。

稲作は約8,000年前インドのアッサム地方からヒマラヤ山脈東南の麓、中国雲南省の辺りで始まったとされています。
水辺に生えていた野生の稲を集めて食べていたのが始まりで、そのうち自分達で種を蒔き刈り取るようになったのです。

日本には、縄文時代末期に九州北部に伝わったと言われています。
小倉南区の城野遺跡には、弥生時代終わり頃の集落が丸ごと発見されています。
恐らく、弥生人も足立山を眺め紫川へと続く土地で稲作をしていたのでしょう。

米は、日本の長閑な気候も手伝って瞬く間に日本中に伝わりました。
縄文時代は、保存できる食料が殆どなく、米は保存食として重宝されたていて、食べ方は現在とは異なり、煮たり蒸したりしていたようです。

弥生文化を紐解く重要な遺跡として、佐賀県の吉野ケ里遺跡があります。
この遺跡は、分散的集落である村が誕生し、堀を巡らせた国へと発展した場所です。
集落の入口には門が置かれ、住居は深い堀や柵で囲まれ、天高く建てられた櫓には見張りを立てて外敵の侵入に備えていました。

また、福岡県板付遺跡にも弥生時代前期の遺跡があります。
集落の周りには水田が作られており、縄文晩期の北部九州では、本格的な水田を使った水稲栽培が行われていました。
弥生時代の遺跡からは、稲作に関わる品々が数多く出土していて、弥生文化が米への強い執着を持っていたことが伺えます。

本格的な稲作の始まりを契機に、人々の間には支配や非支配、貧富の差が必然的に生まれました。
それは、作物を貯蔵し、保存をすることが可能になったからです。
当時、食料は財産とも言え、それを蓄積できるとういうことは、貧富の差の拡大を意味していました。

白米を食べるようになったのは、精米技術が発達した江戸時代からで、それまでは玄米が中心でした。
鍬などの鉄器が使われるようになると、作物の収穫量が飛躍的に伸び、人による人の支配が始まったとされています。
敵対する勢力を武力によって制圧するための武器もこの頃から作られています。

そうして、階級社会が生まれていったのです。
稲作をしていなかったら、もっと違う社会が生まれていたのかもしれませんね。

米離れが進み洋食が好まれる風潮がありますが、最近では米粉からパンやお菓子を作るメーカーも出てきました。
もっと日本の美味しい米を見直して欲しいものですね。

【福津市で消毒】個人タクシーを消毒と予防策をレクチャー

福岡消毒プロの柿坂です。
福津市で消毒をした個人タクシーの方からお客様の声をいただきましたのでご紹介いたします。

----- ここから -----

福津市で個人タクシーの仕事をしています。
感染はしていませんが、市内のタクシー会社で1人の運転手がコロナウイルスに感染したことで、今後の対応の見極めが重要になりました。

勿論、普段から仕事中は、マスク着用・除菌スプレーを携帯するなどやれることは全て行っていました。

しかし、どんなに気を付けても感染してしまった場合、感染源を特定することは困難です。
最悪、仕事を休まなくてはいけない状況が続いてしまうことを考えた時、もっと効果的な処置が必要だと思いました。
同業者もコロナ対策にはかなり神経を使っていると言っており、福岡消毒プロに消毒をしてもらったと聞きました。

プロに頼まなくても…という思いもありましたが、私が感染源となり家族に感染して更にご近所にもコロナウイルスが感染したら申し訳が立ちません。
そうならないように消毒をしてもらいましょう、と妻の後押しもあり福岡消毒プロに問い合わせをしました。
電話に出た方は、とても感じの良い方でナーバスになっている私の気持ちを察知して、丁寧に費用のことや作業内容のことなどを説明して下さいました。

ですが、1度消毒をしたからといって二度と感染しない訳ではありませんよね。
福岡消毒プロでは、消毒後の予防策についてもしっかりレクチャーして下さったので、更に不安を解消することができたと思います。
特に我が家には、高齢の父が同居していることもあり、消毒にって感染予防を強力にすることができたと安堵している次第です。

私も含め、年を取ると肌が敏感になりがちですが、プロが使う消毒液は実際のところ肌に悪影響を及ぼさないのか、という不安もありました。
消毒後の車内、家屋の中は消毒された家具等を触っても問題がなくホットしました。

福岡消毒プロの消毒サービスは、費用面で見積もり以外の費用が発生することもなく、安心安全なサービスです。
また機会がありましたら、絶対に福岡消毒プロに依頼するつもりです。

【宗像市で消毒】コロナウイルスの消毒と合わせて遺品整理も依頼で50%オフでした

福岡消毒プロの柿坂です。
宗像市で消毒と遺品整理を行ったお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

----- ここから -----

宗像市にある実家の母がコロナウイルスに感染し、入院しました。
幸い、症状が重くなる前に適切な処置を受けることができたので、1ヶ月半程で退院できました。

しかし、ご近所の方が感染源や感染経路を非常に気にされていることがわかり、今後のことを考慮して業者の方に消毒してもらおうということになりました。
消毒作業は、母が入院中に福岡消毒プロに依頼することに。

丁度、1年前に亡くなった父の遺品整理もしたかったので、遺品整理と同時申込で安くなると宣伝していた福岡消毒プロにメールで見積もり依頼をしました。
実家は、3LDKなので、69,800円~となり、遺品整理も頼むとかなりの額になるはずでしたが、見積もりで50%近く安くなったんです!
メールの対応も良かったんですが、電話で直接話をした時の感じも素晴らしくて、即契約を決めました。

見積もりも含め、立ち会いをしに実家に行くと、二次感染する恐れがあることをスタッフの方に相談すると、当日は立ち会わなくても大丈夫だとのことで安心しました。
うちには、小さな子供がいるので二次感染だけは避けたかったんです。

当日は、「今から作業に入ります」等の電話による連絡や写メールによる遺品の確認等をこまめに行ってくれました。
遺品の中には、本がかなりありましたが、スタッフの方は1冊1冊丁寧に確認し本に挟まっていた写真やへそくりなどを除けて残しておいてもらいました。

後から、ご近所の方から「防御服を着た作業員がかなり丁寧に消毒しているようでしたよ」と安心した様子で声を掛けてきた時は、消毒して良かったと思いました。

母も「私一人では遺品整理できなかったし、コロナのこともあったのでプロの方にお願いできて本当に良かった」と申しております。
最近では、消毒業者に来てもらおうと思っても予約が殺到していてすぐに対応してもらうのが困難な業者もあるようです。
うちは、福岡消毒プロにすぐに対応してもらうことができてラッキーでした。

【福岡市東区で消毒・除菌】旅館のコロナ対策のため消毒・除菌。

福岡消毒プロの柿坂です。
福岡市東区で消毒・除菌を行った旅館の方より声をいただきましたので、ご紹介いたします。

----- ここから -----

コロナウイルスの影響で観光客が激減し、旅館に誰も泊まりに来なくなった時、コロナ対策として館内の消毒を福岡消毒プロさんに依頼しました。
福岡市東区にあるうちの旅館では、宿泊客の中にコロナに感染していたという方はおりませんでしたが、中国からの観光客がよく泊まりに来ていました。

風評被害という訳ではありませんが「あそこの旅館は中国人観光客がよく泊まっていた」と言われてしまうと返す言葉がありません。
また、コロナに感染した方がペンションに宿泊していた等のニュースもずっと頭の片隅に残っていました。

館内の清掃は普段からしっかり行っていますが、プロの手で一度消毒を行ってもらうことで、お客様に安心してお泊り頂けるのではないか、と思いました。

しかし、消毒業者に関する情報をネットで検索すると、悪徳業者だとか暴利といった情報が多く、どこに頼めばいいのか分かりませんでした。
1軒ずつメールで見積もり依頼をしていくと、最終的に福岡消毒プロさんに辿り着きました。
しつこい営業メールや電話は一切なく、こちら知りたい情報を分かりやすい言葉で教えてくれたんです。
当たり前のことかもしれませんが、他の業者は1日に何度も電話をかけてくるなど、態度がよくありませんでした。

それに、重たい調度品や冷蔵庫等は動かすのが大変ですが、福岡消毒プロさんでは重たいものでもスタッフさんが動かしてくれるので助かりました。
見積もりも早くて、メールで問い合わせをした翌日に来てくれました。

不用品回収を同時に申し込むと最大で50%OFFとサイトに書いてあったので、古くなった布団の回収も依頼。
お陰で、大幅に予算を抑えることができました。

また、畳は水拭きするとカビが生えやすくなるため、消毒用アルコールで拭いた方がよいといったアドバイスもして頂き参考になりました。
館内中を隈なく消毒してもらったら、埃っぽさもなくなってとても気分がいいです。

今後は、1年に1度消毒をお願いしようと思います。

【福岡市南区】居酒屋の消毒。コロナ対策を含めた衛生管理を徹底。

福岡消毒プロの柿坂です。
福岡市南区で消毒をした居酒屋様よりお客様の声をいただきましたので、ご紹介いたします。

----- ここから -----

緊急事態宣言で休業している間、何ができるか考えた時、店内の消毒をしっかり行いたいと思いました。
うちの店は、福岡市南区で昔ながらの個人で営業している居酒屋で、衛生管理はきっちり行っています。

ですが、目に見えないウイルスはどんなにアルコール除菌をしているとアピールしても信じるかどうかは、受け取る方次第です。
同業者から、福岡消毒プロさんの対応が良いと聞いていたので、電話で問い合わせをすると明るくハキハキとした方が対応してくれました。

私が契約するかどうか迷っていると、「相見積もりを取ってからでも大丈夫ですよ」と言ってくれたので、お言葉に甘えて他の業者にも問い合わせをしたんです。

業者の中には、何度も電話をかけてきて「どこよりも安くしておきますよ」と言ってくるところがありました。
よくよく話を聞くと、オプションをあれこれ勧めてきて結局費用が高くつきそうでした。

しかし、福岡消毒プロさんは、見積もり以外で費用が発生することがないなど、安心感がありました。
結局、検討した結果、福岡消毒プロさんにお願いさせてもらいました。

消毒に来てくれる方は、事前に電話をかけて「何時に訪問します」といった事前連絡をしてくれるんですが、健康管理をしっかり行っているだけでなく、利用者の健康にも配慮した声掛けをしていました。

当日は、作業服を着た人が来るのかと思ったら白い防御服に長靴、ゴム手袋、マスク、ゴーグルといった完全装備の方が来たので、ちゃんとしてるんだなと思いましたね。

店の隅々まで消毒液を散布するだけでなく、床の一部がカーペットを敷いている箇所に関しては、スチームクリーナーで丁寧に清掃までしてくれました。
普段、中々細かいところまで掃除する機会が無かったので、消毒をお願いして良かったです。
消毒後の店内を見に来た知り合いも「なんだかスッキリして気持ちい!」と感心していました。
消毒しても目に見えないから..と思っている人は騙されたと思ってやってみて欲しいですね。

広告 福岡