実力主義

実力主義

新選組・土方歳三は幕末東京日野で4男の末っ子として生まれました。
その当時は、将来近所に婿養子に入るのがごく普通のことだったそうです。
しかし、歳三の兄達は歳三が11歳の時に、上野松坂屋へ奉公に出します。

当時の奉公人の扱いは非常に厳しく、住み込みの上に最初の3年間は外出を許されていなかったそうです。
また、番頭になるためには、20年以上かかったと言われています。
しかし、20年勤め上げ番頭になれれば、年収が現在の価値で約1,000万円にもなり、農家の収入の7倍にもなったそうです。

松坂屋の前進は、名古屋の茶屋町の老舗・いとう呉服店と言いました。
明治43年に栄町に進出。名古屋発の百貨店として開業した、いとう呉服店には名古屋中の人が集まってごった返したという記録が残っているそうです。

百貨店を誕生させたのが、伊藤次郎左衛門祐民という人で、非常に優れた経営者でしたが、それは優れた番頭が揃っていたことも、松坂屋を大きく発展させていました。

番頭は、別家衆と呼ばれ、中でも日勤別家(大番頭)は店の頂点に立つ人で、店の一切を取り仕切る立場にある取締役にあたる役職した。

別家衆は、世襲制ではなく奉公人の中で最も優秀な者が選ばれるのが別家衆です。
別家の数は決まっていて、別家に娘がいた場合、その娘が結婚する相手は奉公人の中で最も優秀な者と決まっていたそうです。

しかし、別家に生まれた男子は、後継者となることは許されていませんでした。
他の奉公人と同じ立場で扱われ優遇されることはないのです。
このように、常に優秀な人材が選抜されるという仕組みにより松坂屋は安定した経営を続けることができていました。

別家衆中でも、明治時代に大きな役割を果たしていたのが鬼頭家です。
三代目鬼頭幸七は、2代目の鬼頭幸七の娘と結婚し養子に入りました。
そして、主人である伊藤祐民が栄町に百貨店を開業する時に、実行責任者となり手腕を発揮。目には見えない、表には出ないけれど、大きな縁の下の力持ちとなった番頭衆の強さが松坂屋のその後の大きな発展に繋がっています。

呉服店が百貨店に大きく方向転換をする、というチャレンジを近代的経営の実現ができたのは、江戸時代から続く古い番頭政治がベースにあったからです。
土方歳三は、17歳の時に同じ奉公人の女性と恋仲になり追い出されてしまいましたが、その後の新選組の身分を問わない実力主義や規律を守るところなどは、松坂屋での教えが影響していると言われています。

【古賀市で消毒】寿司チェーン店の消毒。質問にもしっかり答えてくれたので安心してお任せできました。

福岡消毒プロの柿坂です。
消毒をした古賀市のお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

古賀市にある寿司のチェーン店です。
店の入口には、消毒液を設置。
カウンターは、透明ビニールで仕切る等、コロナ対策は万全です。

そして、寿司を握る時はゴム手袋を嵌めています。
寿司職人としては、ゴム手袋をすることに抵抗がありましたし、実際握りづらいこともありましたが、お客様に安心して寿司を食べて頂くことが最も重要なことです。
手袋は、休憩などのタイミングと1時間に1回は交換しています。

このように、コロナ対策はしっかり行っていますが、古賀市の飲食店で食中毒が発生したことを知り、業者に店内の除菌・消毒をしてもらうことにしたんです。

福岡消毒プロさんは、引越しサービスも行っている業者さんなので、荷物の搬入搬出や清掃作業を得意とされているとのことだったので、すぐに見積もりをお願いしました。
うちの店は寿司屋なので、白木のカウンターが除菌・消毒することによって傷んだり染みができてしまうのではないかと心配でした。
電話をかけてきた担当者の方は感じもよく、こちらが細かい質問をしても丁寧に返答してくれたで、安心することができました。
料金プランも納得のいく内容だったので、契約に至りました。

作業日が決まり、私も立ち会わせてもらいました。
はじめに、消毒液を空中に散布し始めたので何事かと思ったら、空中散布をすることで、浮遊にしているウイルスを落下させているのだとか。
「なるほど!」と思いました。

小上り用のスリッパや、テーブルの裏など人が触れる箇所を徹底的に拭き上げ、厨房の冷蔵庫内、食器棚などもきっちり除菌してもらいました。
他にも、従業員の休憩室、ロッカー、トイレ等も除菌・消毒してもらったのですが、非常に清々しい感じがします。
思ったよりも作業時間がかかりませんでしたが、消毒液が乾く時間は余裕を持っておいた方がいいと思いました。

コロナウイルスは、クラスター感染や第二波の影響が懸念されていますので、油断せずにこれからもしっかり対策をしていきたいですね。

【志免町で消毒】スナックの消毒。店が休みの日曜日に作業に入ってくれました。

福岡消毒プロの柿坂です。
消毒をした志免町のお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

志免町でスナックをしていますが、夜の店からクラスター感染が発生したとのニュースがありましたよね。
うちの店では、除菌・消毒をしっかりしていますが、よりお客様が安心して来店できるよう福岡消毒プロさんに除菌・消毒をお願いしました。

福岡消毒プロさんにたどり着く前、新型コロナウイルスの影響だと思いますが、大手業者に問い合わせたところ、1日500件以上の問い合わせがあるとかで、予約が2ヶ月以上待ちと言われ断られたことがありました。

福岡消毒プロさんは、清掃の経験がある方ばかりで、特殊清掃のお仕事を何度も経験されていると聞きましたので利用させて頂きました。
作業に来て下さるスタッフさんは、少人数なのでリーズナブルでした。

初めは、少人数だと時間がかかるんじゃないか、作業が適当になるんじゃないかと不安に感じました。
しかし、福岡消毒プロさんの説明によると、作業人数を増やすと受け持つ範囲が曖昧になり、誰がどこを拭いたのか分からなくなる恐れや、複数人数が出入りすることで防御服の脱ぎ着に時間がかかる等のデメリットがあると聞き納得することができました。

作業する日は、店が休みの日となりますので、日曜日しかありません。
消毒後の乾燥タイムを考慮すると、日曜日の午前中がベストです。
色々、細かい要望を出してしまいましたが、スタッフさんは一生懸命に要望に応えようとしてくれました。

店内に設置しているカラオケ機器は、かなり重量がありますが、スタッフの方が「任せて下さい!」と元気に移動して機器の裏側も丁寧に消毒!数の多い灰皿、アイスペールなども1つ1つ拭き上げてもらえたので安心しました。

また、店の奥にあるトイレ、スタッフ用の着替え室なども消毒して頂いたのですが、自分達でアルコール消毒した時よりもスッキリした感じがしました。
やっぱり、業務用の濃度の濃い消毒液を使っているからでしょうか。
店内の流しや冷蔵庫内も消毒して頂いたので、夏場の食中毒予防にもなって本当に良かったです。

【宇美町で消毒】エステサロンの消毒。消毒風景をホームページに掲載して予約がありました!

福岡消毒プロの柿坂です。
消毒をした宇美町のお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

宇美町の自宅でエステサロンをしています。
コロナウイルスの影響で休業していた際、玄関や施術室の除菌・消毒を依頼しました。

営業再開後も第二波・第三波はいつ来てもおかしくないですよね。
たとえ営業再開ができたとしても、感染防止対策は徹底しなければなりません。

エステシャンは、曲がりなりにも人様の心身の健康を担っている職業です。
お客様に安心して頂けるようにしたいと思い、ネットで色々な業者さんに見積もりを取りました。

安い!と思ったら、噴霧だけで拭き上げは別途料金がかかるとか、費用は業者さんによってマチマチでした。
福岡消毒プロさんは、質問によどみなく答えてくれてとても親身に応対して下さったので契約しました。

それから、夏になり気温が高くなると、ウイルス感染が低くなるそうですが、逆にエアコンによるウイルス拡大が懸念されるとか。
エアコンの消毒もして欲しいけど、消毒によって火事が発生したとのニュースを見たことがあったので、その辺についてもしっかり相談に乗って頂きました。

作業当日は、防御服を着用したスタッフさんがやってきて念入りに消毒液で拭き上げをして下さいました。
特に玄関は、お客様だけでなく家族も使う空間なので、ドアノブ、玄関の外側、インターホンなど手で触れる箇所全てを万遍なく消毒しました。

施術台やエステ機器といった重い物も場所を移動して、床下や機器の裏側も丁寧に消毒したのでいい感じです!
作業終了後、エアコンを使ってみましたが、少しカビっぽかったのが嘘のようになくなって、きれいな空気が循環している感じがしました。

許可を得て、作業の様子を店のホームページで紹介させて頂いたのですが、サイトを見た常連のお客様から早速予約が入りました。
普段から除菌・消毒はこまめに行っていますが、業者さんの業務用消毒液で消毒してもらった方が安心感が高いようです。
私自身もこれで安心して営業再開できるようになったので満足しています。

【大野城市で消毒】従業員の安全面を考え、コールセンターの消毒。

福岡消毒プロの柿坂です。
消毒をした大野城市のお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

大野城市でコールセンターを運営している者です。
コロナウイルスで緊急事態宣言となった時でも幸い、コールセンター業務は休業には至らずに済みましたが、従業員の安全面を考え業者に執務室の除菌・消毒を行うことにしました。

PC・電話などの家電製品、机、椅子、書類棚が膨大にあります。
全てのフロアには終業後の夜間に作業に入ってもらい、翌日の業務までに差し障らないように終えることができるのか気になるところでした。

メールで複数の業者に相見積もりを取ってみたところ、同じようなことを考えている会社がたくさんあったようで、すぐに返事が返ってきませんでした。
電話で問い合わせをしても混み合っているようで、電話が繋がるまでに30分以上待たされることも。
仮に電話が繋がっても、予約で1ヶ月先まで詰っているとの返答ですぐに対応できる業者がみつかりませんでした。

福岡消毒プロさんも忙しそうな感じでしたが、夜間の作業であればすぐに対応できますと快く応じてくれました。
費用については補助金が出るので特に問題視ていませんでしたが、相見積もりを取った業者と比較すると安い方だったと思います。

アルコール系のもので消毒すると危険だとネットのニュースで見聞きしていたので、大丈夫なのか気になっていましたが、消毒する場所や素材によって消毒液を使い分けるので大丈夫とのことでした。

作業に入ってもらった際は、休憩室の自販機などの重い物も動かして、手の届かない隙間や裏側もしっかり消毒してもらいました。
社内は、埃を吸いやすいPCを複数台設置しているので、埃っぽく大変だったと思いますが意外と短時間で作業は完了しました。

作業の翌日「くしゃみが出ない」といつも埃でくしゃみをしていたスタッフが感激していました。
トイレや給湯室もさっぱりした感じになり、清掃に来てもらっている業者さんも驚いていました。
夜間の作業で非常に疲れている筈なのに、最後までキビキビと動いて下さったので本当に感謝です!

広告 福岡